Kobane entre en seconde phase: résistance et nécessitées

Kobane entre en seconde phase: résistance et nécessitées

Après 134 jours a défendre et résister avec ferveur, les femmes, les hommes et les combattans ont finallement, avec le support et la solidarité de million de personnes du monde entier, vaincus les attaques vicieuses d’ISIS et libérer Kobane.

Ce ne fut pas seulement une defaite pour ISIS et leur rêve d’établir un Califat Islamique, cela a aussi  détruit celui de leur allié actuel, le gouvernement Turque qui voit ainsi disparaître sont rêve de
re-former un empire néo-Othoman.

L’attaque sur Kobane était une guerre de proximitée déclencher par ISIS sous les commandes du régime régionale à l’encontre du système démocratique auto-gérer (Democratic Self administration ou DSA) et de ses courageux citoyens.

Cette guerre à aussi eu un impact sans précédent sur l’état psychologique et les relations sociales des habitants de Kobane ainsi que sur les personnes partis se réfugier dans les regions voisines.

La guerre n’est pas encore finit! Tant qu’ISIS ne serat pas éradiquer de la region, ils essayerons encore d’intimider et de menacer les villages autour de Kobane avec leur missions de terreure et de propagande.

Nous entrons maintenant dans une deuxième phase de résistance qui est de gérer les conséquences de la guerre : nettoyer les mines, explosifs et bombes non-explosées qui jonche les sols de Kobane. Cette operation ne peut clairement pas être réaliser par les habitants de Kobane seuls mais nécéssite un support technique et des expertises.

Pour reconstruire kobane, sa population a besoin d’aide internationale. La solidarité des individus des quatre coins du monde est indispensable pour sauver le système démocratique auto-gérer et constitut la seule facon de préserver la révolution. Demander aux sociétés financières et aux autres multi-nationales de nous aider ne représente pas une option viable pour nous. L’histoire nous a notament enseigner que cette approche risquerais aussi bien d’anéantir la révolution et tout son sens.

Ici quelques suggestions pour les actions de solidaritée internationale et autre support dans la reconstruction de Kobane :

– Former des commitées et/ou association pour collecter des fonds, afin d’obtenir des outils et matériaux pour recontruire et nettoyer l’environement d’après guerre a commencer par Kobane.

– Ouvrir des comptes banquaire pour recevoir des donnations et autres contribution sous le contrôle des groupes solidaires de Rojava (ONG) des différentes villes et pays.

– Former divers groupes et commités dans chaque pays offrant la possibilitée de rassembler n’importe quel matériaux nécéssaire à la reconstruction de Rojava et en assurer son tranfère rapide et sure. Mettre en place des lieux de stokcage aux frontière Kurdes d’Irak, d’Iran et de Turquie avant de tranférer ces matériaux en ouvrant des corridores humanitaires.

– Collecte de médicaments et équipements hospitaliés à envoyer à chacun des 3 cantons de Rojava : Jazeera, Kobane et Efrin.

– Contruire des écoles, hopitaux, espaces de jeux et lieux spécialisés dans la réhabilitation et le support psychologique des victimes de guerre et réfugiés.

– Fournir des lignes téléphoniques et des connections internet indépendantes des pays voisins, aux 3 cantons de Jazeera, Kobane et Efrin. Ne pas dépendre des lignes déj à établient dans les pays voisin et garder les connections internet en dehors de leur controle est primordial.

– Permettre aux volontaires pouvant aider physiquement et mentalement à ce rendre la-bas afin de participer directement aux support des gens et à la reconstruction de Kobane et de Rojava.

– Permettre aux volontaires expert dans le domaine de l’énergie, de l’agriculture, de l’industrie et du batiment de participer et d’offrir leur savoir-faire pour la reconstruction de ces espaces.
Chaques projets doit etre approuver par les peuples du Rojava au travers des Communes et seront développés sous la coordination des commités démocratique auto-gérer (DSA), à qui revient les décisions finales.

Nous estimons que la solidarité et la participation dans le support des peuples du Rojava est une pratique anarchiste intrinsèque et un devoir. Nous esperons que les suggestions précédentes et autre à venir seront mis en pratique et ce, pas seulement au Rojava mais dans n’importe quel region du monde, en particulier celles détruite par la guerre. Cela nous semble évident que l’accomplissement anarchiste se trouve dans chaque aspect de la vie.

Nous pensons que rien n’est parfait ou à l’abris de critiques, en commencant par ces suggestions et esperons qu’elles vont créer discussions et débat au seins de toutes les communautees anarchistes. Nous aimerions souligner qu’elles ne concernent pas uniquement Rojava car n’importe quel peuple du monde peut faire face à une situation similaire dans un future proche.

Le Forum Anarchiste du Kurdistant (Kurdistan Anarchist Forum or KAF)

Le 4 Fevrier 2015

https://rebeljill98.wordpress.com/

参考までに、現地からの情報の一つを荒訳掲載する。”戦あるところに死傷者あり”は言うまでもないが、まとまった医薬品や医療機器とその消耗品群 が”人道の回廊”を通じて送られる必要がある。もちろん、食料も必要だろう。武器弾薬を送ろうとする欧米系の動きがあるようだが、先ずは医薬品と医療機 器、そしてそれを使用して医療活動が可能な人員、そして医療を行う間借りなりの場だろう。(★)

-----https://rebeljill98.files.wordpress.com/2015/03/rojavaicinilac.jpg

★医薬品をロヤヴァに

 

現地からの情報によると、クルディスタン薬剤師協会による「ロヤヴァへの同胞愛」の一環として、医薬品のまとまった荷物がロヤヴァに送られてきたという。

 

Mardin-Şırnakの薬剤師協会によって始められたそのキャンペーンは続いている。トレーラー一台分もしくはトラック一台分の医薬品や医療 機器とその消耗品が、Kızıltepe近郊のŞenyurt (Dilbêsîyê)という国境通過ポイントを通じてロヤヴァに送られてきた。

 

Mardin-Şırnak薬剤師協会によれば、地域の人々によってカンパされた医薬品や医療機器などがロヤヴァの責任ある機関による要請リストに基づいて送付されているという。

そのカンパ呼びかけによると、「協会加盟店にあるカンパ箱で皆さんの支援をお待ちしていますし、また以下のこのキャンペーンのカンパ専用口座やキャンペーンSMSを通じてのカンパもお受けしています」とのこと。

 

Vakif Bank Mardin Branch – Mardin Pharmacy Association Aid Account (MARDİN ECZACI ODASI YARDIM HESABI):

TR05 0001 5001 5800 7302 2232 90

Twitter: @rojavakardeseli #rojavayakardeseli

キャンペーン連絡電話番号は… :

+90 0536 899 2887/0533 280 9083/0482 212 8747

連絡先は…: Mardin Eczacı Odası, Vali Ozan Caddesi, Özçelik Apartmanı Kat :6 No:11 Artuklu/Mardin Turkey

 

https://rebeljill98.wordpress.com/

クルド人同志よりいただいた英文声明を荒訳掲載する。荒訳であるので、英訳に長けた個々人の別の正確な訳が出るまでの参考となれば十分だ。(★)

クルド人同志よりいただいた英文声明を荒訳掲載する。荒訳であるので、英訳に長けた個々人の別の正確な訳が出るまでの参考となれば十分だ。(★)

color1370
Kurdistan-Rojava★コバネ第二章: 抵抗と必要性あるもの

 

激しい抵抗と(解放区)防衛の134日後。世界中の何百万の民衆からの連帯と支持を受けたクルド民衆とその戦士たちは、I$I$からの悪辣な攻撃をついに打ち負かすことになった。
それは単に、I$I$とそのイスラム的カリフ制をうちたてる夢を打ち砕くだけでなく、I$I$の仲間である今のトルコ国家による新たなオスマン帝国復活の夢をも打ち砕くものであった。
コバネにおける攻撃は、地域政府群などの代表であるI$I$による勇猛果敢なコバネ住民や民主的自治(DSA)に対する代理戦争として現出した。
この戦争は、コバネの住民そして町を離れ近隣地区の避難場所を探して逃げ惑うことになった元住民に、社会的かつ物理的に大きな衝撃を残した。
戦争は未だ終わってなどいない。I$I$は未だ奴らの戦慄をもよおすミッションと宣伝を伴ってコバネ近郊の村々を脅しつけ恐怖支配している。明らかに、この恐怖支配は、地域からの奴らの完全掃討まで続くだろう。
我々は今、抵抗の第二の舞台に立っており、それは地雷除去、不発弾群や爆発物群といった戦争の傷跡を如何するかという事である。明らかに、その作業はコバ ネの住民によってはとても成し得ないものだ。それには、地雷除去や爆発物除去技術を持った専門家などの技術的支援が不可欠である。
コバネ再建のためには…:

 

 

この町の住民が民主的自治(DSA)を護るためは世界の圧倒的多数の民衆からの国家の枠を超えた連帯が不可欠である。それは、この地での革命を護るためのみの方法ではない。町の再建を助成するためにグローバル金融や大企業群に依頼するということは決して良い事ではない。
事実、歴史的にそういったアプローチが我々に告げることは、革命の破壊を結果するものですらあるからだ。

 

世界的連帯とロヤヴァの再建支援のための幾つかの提案(示唆)としては…:

 

―支援委員会を組織し、コバネにおける不発弾処理などの環境浄化や暮らしの場の再建のための物資や機器、支援カンパを呼びかける。

―カンパ用口座を開設し、ロヤヴァ連帯グループがカンパ状況を把握できるようにする。

―ロヤヴァが再建のために必要とするどんな物をも集めうる場において、グループ群や委員会群を形成する。何でも集められるということは、ロヤヴァに 安全かつ迅速に輸送することが確実に出来るということである。”人道的回廊”の開設を通じロヤヴァにそれらの物資群を輸送する手前のトルコ、イラン、イラ クなどの国家群が実効支配するクルディスタンの各”国境”地帯に物資集積地点群を設けること。

―ジャゼーラ、コバネ、エフリン(Jazeera, Kobane and Efrin)といった全3郡に医薬類と医療機器を集めること。

―学校、病院、子供の遊び場、戦傷病者や難民のための物質的支援とリハビリのための特別な場の開設。

―隣接国家群の接続回線を通じるものではなく、全3郡における独立した電話網やインターネット接続環境。電話回線やインターネット接続環境はそれら国家群の管理外であるべきである。

―コバネやその他ロヤヴァ地域の再建助成や直接難民を含む同地域住民支援に参加するために現地に向かうのを物質的・精神的に助けるボランテイアを許可すること。

―エネルギー分野、農業、工業、建設の専門家のボランティア参加とそれら専門家の出来ること総てへの助言などの申し出を許可する。

―為されるだろう如何なる一歩もが、コミューン群(共同体群)や民主的自治
(DSA)地域住民との調整をもった他の地域グループ群を含むロヤヴァの地域
住民と共にあらねばならないし、それらの人々が決定者(ディシジョン・メー
カー)であるべきだ。
―我々は、一アナキストの当然採るべき実践義務としてロヤヴァに連帯し、
参加した。我々は、闘いの中にいる他の同志たちからの上記の提案などを希望
している。

我々は、この実践的作業がロヤヴァに単に関係すべきであるばかりか、戦争に
より破壊された世界のどの場ででも考えられ得る事であると信じる。それは暮
らしの総ての側面での社会再建におけるアナキストの仕事として明らかになり
得る。
我々は、ナニモノも完全なものはなく、批判を免れないと思うので、これらの
提案をしている。我々は、我々の提案群が総てのアナキスト同志たちの議論や
討論における叩き台となることを願っている。
そしてまた我々は、我々の提案群がロヤヴァ地域のコバネについてのみではな
いことも強調したい。それは、近い将来にこの世界のどこででも我々が同じ実
践義務に直面する可能性を有する故に。

クルディスタン・アナキスト・フォーラム(KAF)2015年2月4日

https://rebeljill98.wordpress.com/